空母いぶき【13巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!最終巻完結

著者 かわぐち かいじ 出版日 2015-09-30 注目は、秋津と新波の関係性です。 著者 かわぐち かいじ 出版日 2017-02-28 上陸に気づかれてしまった「特殊作戦群」は、島民が分散収容されたことにより苦戦を強いられます。 殲20を60機艦載し 、「遼寧」とは段違いの性能と装備を持つ。

13
「広東」の空母機能が喪失したタイミングで、秋津から仕掛けられたガードチャンネルによるアプローチ通信を受信し応答。 日中両政府の交渉は決裂、ついに実力行使による領土奪還作戦「隼」が発動されるのです! この作品の魅力は、ただの戦争ものというものではなく、「起こり得るかも」という非常に現実に近いところをリアルに描いていることでしょう。

空母いぶき【13巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!最終巻完結

DDG-176 「」(イージスミサイル護衛艦) 南大東島沖で給油中の第5護衛隊群へミサイル攻撃を仕掛けてきた殲20をスタンダードミサイルで撃墜し、自衛隊として初めて敵戦闘員を殺傷した。

14
垂水総理は、これらの動きを全世界に向けてライブ中継で発信。

漫画『空母いぶき』の魅力を最新12巻まで全巻ネタバレ紹介!【映画化】

艦隊の陣形では基本的に最後尾に位置する。 - 小学館 ビッグコミックBROS. 2人は少年時代に時代が動く現場を目撃していました。

サービス名 特徴 「東京卍リベンジャーズ」取扱い価格 無料読み可能数 U-NEXT 31日間の無料期間 600ポイント付与 594円 今すぐ1冊無料 動画・雑誌見放題 music. 年代設定は開始時点が「20XX年」(翌々年が「20XY年」)とされている。 これを聞いた馬は、外交は人を信じることで始まる主義の沢崎審議官と面談し、秋津の提案を了承します。

『空母いぶき(完結編)』第十三巻【遂に最終巻、日本はどうなる?】

「ユーリイ・ドルゴルーキイ」() バレンツ海の哨戒航路を外れ、東方へと向かう。

また、中国の空母「広東」も「いぶき」と向き合おうとする気配が。

空母いぶき

第一段階で演習航海を装った空母「広東」から艦載機を発進させ、と早期警戒機の隙を突いてに駐屯するを強襲。 また「広東」艦隊との決戦において、前衛を務めていたが、殲20の放った対空ミサイルが「ゆうぎり」艦橋左舷側ウィングに直撃し死傷者を出した ため、後衛に下がり艦の立て直しを図る。 そうなると日本に残された選択肢は、自己防衛能力を強化すること。

6
沖忠順(防衛大臣) -• 100ポイントゲット。 DD-153 「」・DD-156 「」() 「ゆうぎり」は尖閣諸島沖へ近づきつつある第5護衛隊群を攻撃し、F-35JBにより撃墜された殲20のパイロットを収容した。

「空母いぶき」最終13巻発売、5年後の世界描く新シリーズ1巻と同時発売

護衛艦と戦闘機を全て架空の名称に変更している。 さらに日本の領海に侵入を図るの船舶と巡視船との衝突、調査目的で派遣された護衛艦への威嚇射撃と事態がエスカレートし、日本政府はなかば中国に屈する形で事態の収拾を図るが、中国の行動に危機感を覚えた首相は、同時に新型護衛艦の就役と、その艦船をにした新護衛隊群の創設を柱とする「 ペガソス計画」の前倒しを決定する。

4
現実世界での連載当時はまだ未就役。 「広東」に保護されていたスパロウ隊に戦争終結の大戦果を教える秋津。