わたモテ感想 [喪176] モテないし実況する 初期の頃の様なイタタな回かと思いきや…まさかの四季ちゃん回!!

さらに遠足時においては、茜と気まずくなったこともあるが今までのリア充グループからは離れ、智子らと行動を共にし、智子がうっかり口走った「ネモ」呼びを鋭く捕らえて「ネモ」「クロ」と強制的に呼ばせ合うなど智子との距離を急速に縮めた。 学校見学は2年生の時に行っている。

10
本心から嫌悪感を抱いているわけでなくとも、他人の悪口を好んで話題にする悪癖がある。 2年生のときから週2回、声優のレッスンに行っている。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

他にも「リア充グループ」である陽菜や加藤明日香と会話をする機会の増加や、修学旅行で同じ班になったうっちーに関心を持たれさらには好意に発展されるなど、クラスメイトとの人間関係が形成され、1年生時と比べると学校生活も大きく変化してきている。 トライ&エラーの日々が糧に 1年時のもこっちは 非常に 積極的で、友達ゼロの状態でもクリスマス会に参加しようと試みたり、キャバ嬢になる方法が知りたくて歌舞伎町に単身出かけたり(もこっちの居住エリアは千葉)と、常にいろんな行動を起こしていました。 初回限定特装版 ねんどろいどぷち付き• 中学2年生の時から部のレギュラーを務め、ポジションは。

の配信サイト『』更新分から毎月第1・第3週更新 で連載中。

わたモテ 喪176「モテないし実況する」の感想

智貴との仲が険悪だった「ぼっち」な時期でも、ズレた形ながらも姉として気遣いを見せることもたびたびあった。 智子の内心でのあだ名は「凸(でこ)」。 智子の2年生時のクラスメイトで、3年生時は4組に在籍。

19
しかし、秋のにて担任の 荻野により半ば押し付けられる形で、他の班から溢れた「余りもの」グループの班長に任命され、同じ班になった女子たちと否応なく交流することになる。 修学旅行の班決めの時期に学校を休んでいたため、余りものとして智子の班に入ることになった。

漫画の話~『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』喪175(後編) の感想~ #私モテ:ニーサンの○○について語ってみよう!

このことをきっかけに茉咲と話す仲になり、また陽菜とたまに話していたために気にかけつつもそれまでは「接点も無く、話すことは今後も無い」と捉えていた智子のことも、「二度と話したくないけど」と前置きしつつも、「どんな奴なのか今更めちゃめちゃ気になる」と考えるようになった。 色彩設計 - 木幡美雪• 『ガンガンONLINEソムリエ』のアンケート投票で決定された。

3
誕生日は9月18日。 弟の智貴も同じ高校に進学し、1年から同じクラスだった 根元陽菜(ネモ)が話しかけてくるようになったり、中学時代の腐れ縁で智貴に片思いしている 小宮山琴美と再会して中学2年生時代の智子・優・琴美の関係が戻るなど、学校内でいくつかの縁こそ出来たが、彼女を取り巻く状況はあまり変わらなかった。

わたモテ 喪176「モテないし実況する」の感想

特に体育では、団体行動が重要な競技のときはこの傾向が顕著であり、作中ではマラソンなどのとき以外はまともに受講している描写がない。

6
智子とは同じ電車で通学していながら面識がなかったが、のちに勉強会を通じて知り合いとなる。

わたモテ感想 [喪176] モテないし実況する 初期の頃の様なイタタな回かと思いきや…まさかの四季ちゃん回!!

陽菜は、智子に自分が声優志望であることを知られていることに気がつき、以前にも増して智子に近づき始める。

2
野球に関して非常にこだわりが強く、マニアックで空気の読めない言動をすることが多い。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

1年生時は茜や清田らと仲の良い男女混合グループの「リア充」であることから智子に妬まれ「リア充たちの一人」程度の認識しかされていなかったが、本人は智子のことをよく覚えており、1年のときはほとんど会話はなかったが、入学時の智子の自己紹介も詳細に観察し覚えていた。

9
身長163センチメートル。

わたモテ 喪176「モテないし実況する」の感想

[3] おわりに 今回はもこっちの動画配信に挑戦と考察、そしてプロゲーマーに向け着々と進んでいく二木さんの様子が描かれた回でしたね。 3年生時は「ミキティ」。 そのような経緯から、智子のことは内心で「クソムシ」などと呼び、智子とは仲が良くないと周囲にも公言している。

5
また後述のとおりカードゲームの「クイーン」としては年下の小学生とは普通に会話できており、井口朱里や雫など下級生とは、初対面時はともかく2度目に会った時は普通に会話できている。 スクウェア・エニックス毎週新連載プロジェクト16(1stシーズン)第5弾作品。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

クラスメイトからは「黒木さん」「黒木」などと呼ばれる。 できれば、ゲーム好きなら好きで、制作者方面での仕事について頑張ってる姿が、この作品の中で描かれていってくれたら、よいですなぁ。 修学旅行で智子の班に所属したのは人数合わせのための形式上で、班行動は共にせず友人達の班に加わっていた。

19