【日赤総合病院】日赤医療センター:コロナのラインはチェーンメールでデマ

パンク状態が予想され、病院など通常の仕事が手に着かなくなります。 これが私のモヤモヤの原因でした。 水分を頻繁に補給する行為は、 (外だと)マスクを外す機会が多くなり リスクの方が高い。

2
有益な情報ならしかるべきところから既に発信されているはずじゃ… インターネットで検索をしたら、少し前からLINEやfacebookなどのSNSで出回っているデマ情報であることが分かりました。

コロナのチェーンメールその2

私の病院のコロナ病床は満床になりました。

19
感染を食い止める方法はこれしかありません。 よろしくお願いします。

【注意❗️シェアしないように!】「知り合いのドクターから拡散希望」投稿やメールで病院大迷惑。

しかし、一方 「同じようなのが、送られてきたよ」という返事ももらいました。

3
公的機関による誤情報の発信 愛知県警がツイッター上で誤情報を投稿 謝罪し削除 このTwitterの更新3時間半後には、「その後確認したところ、正確な情報ではない可能性があると判明した」と訂正を書き込んだ。 あなたの「知りたい」にこたえ、深く正確に報じる「オンデマンド調査報道」(ジャーナリズム・オン・デマンド=JOD)に挑んでいます。

【チェーンメールか】日赤医療センタードクター名乗るメッセージ拡散⇒看護師がデマの可能性を指摘 │ 黒白ニュース

このメッセージを出来る限りの家族や友人にシェアしてください。

本件内容は当センターで発信したものではございません。

「日赤医療センタードクターから」という嘘だらけのチェーンメールはさらっと無視で

【被害例】 セルフチェックが広がると 自分は感染してないから大丈夫という 人が増えて、余計に危険。 咳が出たり、息切れる等、すごく不便なことがなければ、肺が繊維症状になってない、即ち、感染されてないということです。 うん、明らかに怪しい。

日赤病院のドクターから送られてきたラインです。

看護師の友達から来た【日赤病院からのLINE】これってチェーンメール?詐欺メールにはご用心!

いかにもそれらしいメールがもし来ても絶対に開かないように気を付けなければいけませんね。 コロナウイルスへの対応で、ご自身やご家族の感染のリスクを背負いながら働いている医療従事者の方への負担を減らすためには 絶対にチェーンメールなどは信じず、転送しないようにする必要があります。

13
拡散ボタンを押す前に情報発信元を確認するなど冷静な対応が求められます。 水分をよく取らない場合、ウィルスが気管支から肺に侵入してしまうので、とても危ないのです。

「日赤医療センタードクターから」という嘘だらけのチェーンメールはさらっと無視で

5.新型ウイルスに感染したら肺炎になるのか メモによれば、ウイルスはのどに入って、まず3~4日間のどの痛みを引き起こす。

6
夫の石田純一を止めれず後悔している東尾さんの気持ちを誰もあじあうことがないよう、大切な人の不要な外出はとめましょう。 感染を食い止める方法はこれしかありません。

コロナのチェーンメール

しかし日本赤十字社医療センターは4月10日に院長名義で「本件内容は当センターで発信したものではございません」とのコメントを公式サイトに掲載。

11
新型コロナで世界中が大変なときに、「日赤医療センタードクターから」とうたった悪質なチェーンメールが出回っているようです。 本件へのお問い合わせはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

「日赤医療センタードクターから」という嘘だらけのチェーンメールはさらっと無視で

咳が出たり、息切れる等、すごく不便なことがなければ、肺が繊維症状になってない、即ち、感染されてないということです。 新型コロナで世界中が大変なときに、「日赤医療センタードクターから」とうたった悪質なチェーンメールが出回っているようです。

本件へのお問い合わせはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。